北御堂(本願寺津村別院)promotion project

2020

本町に建立された浄土真宗本願寺派北御堂本願寺津村別院。

大阪と本願寺の関係は、発祥から現在に至るまで、切っても切れない相関関係の上で成立し、発展してきました。

そもそも大阪の発祥は、1496(明応5)年に本願寺第8代蓮如上人(れんにょしょうにん)が、今の大阪城付近に一宇の坊舎(大坂御坊(おおさかごぼう)を建立されたことに始まり、この大坂御坊を中心に多くの門徒が集まり、寺内町(じないまち)を形成したことに由来します。
本願寺が京都に寺基移転後、大阪の門徒たちは、1592(天正20)年に「桜(ろう)の岸(きし)」現在の天満あたり八軒屋付近、天満橋南詰以東)に集会所を設けます。これが、本願寺津村別院の始まりとなります。

また、この楼の岸は石山合戦の初め、1570(元亀元)年織田信長が陣を敷いた場所で、その後、この場所を本願寺が占拠し、砦を築き防御を固めた場所であり、本願寺が大坂を退去した後も大坂の門徒たちは、この地で法義相続してきた場所でもありました。

そして、この集会所は、1597(慶長2)年に町割改革により、当時「円江(つぶらえ)」「津村郷(つむらごう)」と呼ばれていた現在の地に移転し、「津村御坊(つむらごぼう)」と称しました。

翌1598(慶長3)年には、准如上人が移徒法要、顕如上人七回忌法要の予修を厳修されますが、伽藍の整備が完遂するのは、1605(慶長10)年になります。

准如上人は、大谷派別立による末寺、門徒の去就、争いなど教団運営が困難な時代にありながら、津村御坊をはじめとする地方御坊の設立とその基礎整備に尽力されました。

このことからも近世本願寺の基礎を築かれたのは、まさに准如上人と次代の第13代良如(りょうにょ)上人であると言えます。

また、大谷派、東本願寺の教如上人は、1592(文禄元)年に西成郡渡辺の地に一寺を建立し、1598(慶長3)年に難波の地に移転し、1605(慶長10)年には御堂が完成しています。

これが、現在の真宗大谷派難波別院(南御堂)です。

そして、南北両御堂のその門前には多くの門徒が集まり、「御堂さんの屋根が見える。鐘の音が聞こえる場所にのれんを張る」ことを合言葉に仕事に精を出し、船場の町を形成し、商都大阪の礎を築いていったのです。

大阪のDNAは今もここにあり、ここから大阪が始まったと言っても過言ではありません。今、原点に立ち返り人々のサードプレイスとしてあり続けるためにこのプロジェクトはあります。

アニメーション「心のふるさと北御堂」
https://youtu.be/kxYoAUj_ywo

北御堂施設紹介動画
https://youtu.be/raDlUORDNh4


北御堂(本願寺津村別院)promotion project